銀座リプロ外科で手術しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ririponです。

男性不妊治療における精索静脈瘤を治すために先日手術を行いました。

病院は、銀座リプロ外科(永尾先生によるよるナガオメソッド方式)。

決められた予約時間に病院に到着すると、すぐさま手術が始まります。

銀座リプロ外科は他の患者さんとは一切診察時間などが被らないので、

予約した時間帯における患者は私一人になるのです。

そのため、予約時間に病院に入ると、待ち時間ゼロで早速始まります。

病院に到着して、まずはトイレで用を足します。

その後、すぐさま手術開始です(病院到着から5分も経っていない!)。

病院の一番奥に通され、タオルを渡されます。

下半身のズボンと下着を全て脱いで、と言われるので看護師さんの

目の前で脱ぎます笑 この時は、下半身は一応タオルで隠してますよ笑

その後、ベッドに仰向けになり、先生による手術開始です。

手術中はBGMを流してくれます。何の音楽を聴きたいのか、希望を

聞かれたのですが、緊張してるし頭が働かなかったので、

とっさに「クラシック音楽」とかっこいイイことを言ってしまいました。

クラシック音楽なんて普段聞かないくせに笑

で、一番気になっていたところ、手術は痛いのかどうか?

最初に麻酔の注射をされます。

どうやら麻酔は複数回に分けてなされるようです。

この麻酔の注射が痛いのかどうか?

予想を遥かに超えて、全く大したことがなかったです。

はっきりいうとほとんど痛くないです。

たとえていうと、通常の虫歯で歯を治療するときに行われる

麻酔と同じくらいのレベルです。ちょっとチクっとするくらい。

え、こんなに痛くないものなの?という感じでした。

そして、イヤイヤ、もっと手術が先に進むにつれて痛い箇所が

あるんじゃないかと不安になっていると、

先生が「はい、ここで一番痛い箇所の山場を越えました」と、

教えてくれます。

その後は確かに麻酔が効いてるせいで全く痛くありません。

痛くはないのですが、場所が場所だけにちょこっと変な感覚は

あるにはあるのですが、特に問題ありません。

二人の看護師さんが手術中同じ部屋にいるので、まあ、ずっと私の下半身

が露わになっているので見られているんだろうなーと笑

ま、看護師さんなので見慣れているとは思いますが。

手術自体は1時間も掛からなかったと思います。

終わったらあっという間に退室です。

ナガオメソッドは、はっきり言って「すごい」の一言です。

精索静脈瘤の手術って、中には1泊二日で入院までして行う病院も

あるくらいの手術です。

それが、本当に歯医者で行う治療のような感覚で1時間くらいの

日帰り手術で、しかも痛みもほとんど感じずにできてしまうのです。

しかも、手術の品質は間違いなくトップレベル、というかトップ。

費用面で他の病院と比較すると高額なのが問題ですが、

痛みや負担面を考えれば、自分の小遣いを切り崩してでも

銀座リプロで行う価値はあると思います。

ところで、手術後は銀座から新橋まで散歩がてら20分くらい

歩きました。少しゆっくり目に歩くことになりますが、

特に痛いということはありませんでした。

手術後の抜歯もナガオメソッドでは不要です。

自然と皮膚に溶ける糸で傷口を縫ってくれてるのです。

なので、手術後にまた病院に行くことも不要です。

精索静脈瘤と診断され、手術を勧められているが、

痛いのが怖いと感じている方、特に銀座リプロクリニックは

おすすめできる病院だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*